事業案内

 

事業内容

一般社団法人 介護事業操練所では、福祉・介護分野を中心に介護事業総合コンサルティングを行っています。
福祉・介護サービスは人材不足などの課題も抱えており、効果的な人材育成にも注目が集まっております。当社では、大手通信教育会社からの実務者研修スクーリングの受託や、技能実習介護入国にて訪日された方々の入国後介護研修や日本文化・慣習への理解のサポートなど、社会的ニーズを的確に捉えた業務を行っております。

写真:立命館アジア太平洋大学

デイサービス・幼児教育

地域密着通所介護
「デイサービス鎌倉 古の花」

モンテッソーリアプローチを取り入れた認知症ケアや、地元のアトリエ「ネロ」とのタイアップによる予防介護や心身へのアプローチに取り組んでいます。
日曜日には幼児を対象としたモンテッソーリ幼児教室を行っております。

詳しくはこちら

モンテッソーリ幼児教室認定
鎌倉 二階堂教室
with STUDY PARK

STUDY PARKと連携し、日曜日にモンテッソーリ幼児教室認定『鎌倉 二階堂教室 』を開催しています。
子どもの「やりたい」に寄り添い、子どもの発達を見つめ観察し、子どもの自主性を見守り、子どもの今を伸ばすことを大切にしています。

詳しくはこちら

介護人材教育

大手通信教育会社の
実務者研修スクーリング

経験豊富な熱い講義をする介護福祉士と看護師の実務者研修教員約30名を要し、実務者研修スクーリングを受託・運営しております。
北海道・札幌から九州まで日本全国20箇所以上で講座を開催し、介護福祉士予備軍育成累計約3500人を輩出しております。

詳しくはこちら

外国人技能研修

技能実習介護入国後研修

専門科目を教えるための要件を満たす講師が約20名以上登録しており、日本全国からの介護研修(42時間)のご要望に応える事ができます。
立命館アジア太平洋大学・横山研治副学長監修のもと、『日本生活文化検定』を作成し、実習生の日本語能力だけでなく日本文化への理解も深めることで、日本での生活やご利用者様とのコミュニケーションの活性化を目指します。

詳しくはこちら

外国人介護人材研究会

これからの時代は、介護の現場においても外国人の存在を無視することはできません。
介護関係や外国人材受け入れ、国際交流等に携わってきた法人あるいは専門家によって、最新の情報を共有し、今後の対応策を講じていくための研究会を立ち上げました。

詳しくはこちら

ボカ・ジュニアーズ
日本支部

ボカ・ジュニアーズは、サッカー大国南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを本拠として、一流選手を世に輩出してきた育成型クラブとして世界中の注目を集めている名門プロサッカークラブです。
日本支部は2003年より、日本全国で「スポーツを通じた国際交流」をテーマに、サッカーイベントや本場アルゼンチンのプロのコーチを招聘し、ボカ・サッカースクールを展開しています。

詳しくはこちら