日本生活
文化検定

 

日本生活文化検定

日本文化に焦点をあてた検定制度の始まり

厚生労働省が発表した外国人雇用の届出状況によると、2016年10月末時点で日本で働く外国人は108万3769人となり、初めて100万人を超えました。前年同期比19.4%増加し、4年連続で過去最高を更新しました。
日本の様々な業界で発生している「人手不足」をこれら外国人雇用でまかなっているが、それにより様々な問題が発生している現状もある。
彼らが、トラブルなく、やりがいをもって職務に従事してもらうための重要なファクターとして「日本文化・慣習」を学ぶことが重要だと考えます。
近年の外国人労働者の増加により起こる現場での誤解やミスマッチを解消し、お互いに気持ちよく働ける環境を目指し、これまでの実地経験を『日本生活文化検定』へとまとめました。

フィリピンの介護人材育成現場視察にて現地の生徒と

カリキュラムのコンセプト

日本文化・慣習の習得

①日常生活向けのようは普遍的なもの
②従事する業界向けのもの

業界向けは、専門家が監修することで、より専門性が高い仕事上でのマナーを学ぶことが可能となります。
これら2つをうまく組み合わせることで、公私問わず日本のマナー、慣習に早く対応できるように目指します。

カリキュラムの内容

通信教育 (テキスト)

休日や空き時間に学んでもらえます。進捗状況が確認しやすく、しっかり学べます。

イーラーニング

テキストの便利さに合わせて、自国語切替機能や、動画説明など、よりわかりやすく学べます。

講座

リアルな実習で身に着けるべきカリキュラムは、講座を提供することでサポートします。

『日本生活文化検定』テキストを使う教員・指導者の方々へ

この教材は、日本で就労・実習をしている、あるいは、予定している外国人の方々で、既に日本語の勉強をしている学習者(日本語能力試験N3レベル以上)を対象にしています。そして、その方々が日本の文化、風俗習慣、生活上の基本的事柄について学べる知識習得型の教材です。

しかしながら、ここに書いてあることは日本の習慣や文化の一部を切り取ったにすぎません。ぜひ学習者の必要に応じて、情報を付け加えてほしいと思います。また、「5 働く」は、専門的な言葉も多く、ほかの章より難易度が高いため、学習者に応じて工夫が必要かと思います。そして、「5 働く」では、「日本で働く上で、このようにしなければならない」と日本の文化や習慣を押し付けるものにならないように注意してほしいと思います。

外国人学習者は日本での生活において多くの戸惑いを経験するかと思います。この教材が、その戸惑いを少しでも和らげるための予備知識、クッションのような役割になることを期待します。

『日本生活文化検定』テキストを読む学習者の方々へ

この教材は、日本で就労・実習をしている、あるいは、予定している方々で、日本語の勉強をしている人々(日本語能力試験N3レベル以上)に読んでもらいたいと思います。この教材で、日本の文化や習慣、日本で生活していくための基本的な知識を知ることができます。

しかし、ここに書いてあることは、日本のすべてではなく、日本の一部にすぎません。また、ここに書いてあることは、日本で生活する、働くために、みなさんが「しなければいけないこと」ではありません。日本で生活すると、びっくりしたり、変だと思ったりすることがあるかもしれません。それを自分の目で見て、自分で経験して、自分で考えることが一番大切だと思っています。しかし、その前に日本に関する情報を知識として自分の中に入れておくことで、心の準備ができると思います。

この教材が、みなさんの「心の準備」のために役に立つことを願っています。

執筆者一同

監理団体・日本語講習施設の皆様へ

kaigokousyuのサムネイル

クリックすると大きな画像でご覧いただけます。(PDF)

当社、介護事業操練所は、大手通信教育会社実務者研修スクーリングを行っております。
確かな指導力とカリキュラムによって信頼を得るとともに、多くの介護福祉士養成に携わってまいりました。
介護実習生の入国講習オリジナルテキストを用意し、さらに介護と医療の講師を、約30名以上保有し、講師派遣も可能です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

TEL:050-5812-0501

お電話受付時間:平日10:00〜17:00

FAX:0467-84-8064

『日本生活文化検定』テキスト

日本生活文化検定テキスト表紙のサムネイル

テキスト表紙

日本生活文化検定テキスト裏表紙のサムネイル

テキスト裏表紙

画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。(PDF)

『日本生活文化検定』テキスト製作

監修
  • 横山研治(立命館アジア太平洋大学副学長)
執筆
  • 渡辺若菜
    (立命館アジア太平洋大学言語教育センター 特任講師)
  • 加藤みゆき
    (元・立命館アジア太平洋大学言語教育センター嘱託講師、現・東京外国語大学世界言語社会教育センター助教)
  • 香月真由美
    (元・立命館アジア太平洋大学言語教育センター嘱託講師、現・ことば塾 塾長)
  • 佐々木美江
    (元・立命館アジア太平洋大学言語教育センター非常勤講師、現・別府大学別科日本語課程非常勤講師)
編集・発行
  • 一般社団法人介護事業操練所
    〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂22-4
    西日本支部:大阪市天王寺区寺田町2-2-9
協力
  • 一般社団法人日本アジア人財協会
  • 一般社団法人Wa International

目次

日本生活文化検定テキスト目次P1

目次P1

日本生活文化検定テキスト目次P2のサムネイル

目次P2

日本生活文化検定テキスト目次P3のサムネイル

目次P3

日本生活文化検定テキスト目次P4のサムネイル

目次P4

画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。(PDF)

1 日本がどんな国か知る
  • 1- 1 地理的・歴史的事情を知る
  • 1- 1- 1 都道府県を知る
  • 1- 1- 2 四季・気候について知る
  • 1- 1- 3 人口について知る
  • 1- 1- 4 歴史区分について知る
  • 1- 2 宗教的行事や年中行事を知る
  • 1- 2- 1 日本人と宗教について知る
  • 1- 2- 2 生活の中の年中行事について知る①【春の行事】
  • 1- 2- 3 生活の中の年中行事について知る②【夏の行事】
  • 1- 2- 4 生活の中の年中行事について知る③【秋の行事】
  • 1- 2- 5 生活の中の年中行事について知る④【冬の行事】
  • 1- 2- 6 冠婚葬祭のマナーについて知る①【結婚式】
  • 1- 2- 7 冠婚葬祭のマナーについて知る②【葬儀】
  • 1- 3 社会システムについて知る
  • 1- 3- 1 休日と祝日について知る
  • 1- 3- 2 教育システムについて知る①【633制】
  • 1- 3- 3 教育システムについて知る【給食制度など】
  • 1- 3- 4 産業構造について知る
  • 1- 3- 5 政治構造について知る①【政治とくらし】
  • 1- 3- 6 政治構造について知る②【国会】
  • 1- 3- 7 憲法について知る
  • 1- 4 日本の生活の中にある楽しみについて知る
  • 1- 4- 1 食生活について知る①【和食】
  • 1- 4- 2 食生活について知る②【食生活の問題点】
  • 1- 4- 3 休みの日の過ごし方について知る
  • 1- 4- 4 伝統文化について知る①【書道・華道】
  • 1- 4- 5 伝統文化について知る②【茶道】
  • 1- 4- 6 ポップカルチャーについて知る
  • 1- 4- 7 スポーツについて知る①【相撲】
  • 1- 4- 8 スポーツについて知る②【野球とサッカー】
2 日本の家に住む
  • 2- 1 住居を確保する
  • 2- 1- 1 部屋や家を探す(部屋や家を借りる場合)
  • 2- 1- 2 賃貸契約に関する内容を知る①【契約書について】
  • 2- 1- 3 賃貸契約に関する内容を知る②【必要なお金や人について】
  • 2- 1- 4 引っ越しをする①【引っ越し業者を探す】
  • 2- 1- 5 引っ越しをする②【引っ越しの前の手続きをする】
  • 2- 1- 6 引っ越しをする③【引っ越した後の手続きをする】
  • 2- 2 住環境を整える
  • 2- 2- 1 生活に必要な申し込みをする
  • 2- 2- 2 日本の家の特徴を知る
  • 2- 2- 3 部屋や家をきれいに使う
  • 2- 3 地域社会に参加する
  • 2- 3- 1 外国人登録、各種税金の支払いを行う
  • 2- 3- 2 自治会について知る
  • 2- 3- 3 ルールやマナーを守って生活する
3 健康・安全に生活する
  • 3- 1 医療機関を利用する
  • 3- 1- 1 病院を調べる
  • 3- 1- 2 病院へ行く
  • 3- 1- 3 診察の流れを知る
  • 3- 1- 4 問診票を書く
  • 3- 1- 5 病気の説明をする
  • 3- 2 薬を利用する
  • 3- 2- 1 処方箋で薬をもらう
  • 3- 2- 2 病院の処方箋を理解する
  • 3- 2- 3 市販薬を買う
  • 3- 3 健康に気を付ける
  • 3- 3- 1 春に起こりやすいアレルギー(花粉症・PM2.5)について知る
  • 3- 3- 2 夏に起こりやすい病気(熱中症)について知る
  • 3- 3- 3 冬に起こりやすい病気(インフルエンザ)について知る
  • 3- 3- 4 日常での注意(賞味期限・消費期限)について知る
  • 3- 4 公共機関を利用する
  • 3- 4- 1 警察の機能を知る
  • 3- 4- 2 消防署(消防・救急)の機能を知9
  • 3- 5 災害に備える
  • 3- 5- 1 災害について知る
  • 3- 5- 2 地震について理解する
  • 3- 5- 3 地震の大きさを知る
  • 3- 5- 4 防災マップを見る
  • 3- 5- 5 個人情報のカードを準備する
  • 3- 5- 6 非常持ち出し品を準備する
  • 3- 5- 7 避難場所・方法を知る
  • 3- 5- 8 身を守る(地震発生時)方法について知る
  • 3- 5- 9 台風について理解する
4 消費活動をする
  • 4- 1 買い物をする
  • 4- 1- 1 どんな店があるか知る
  • 4- 1- 2 デパート・スーパーで買い物する
  • 4- 1- 3 専門店・商店街で買い物する
  • 4- 1- 4 コンビニを利用する
  • 4- 1- 5 商品の表示を読む
  • 4- 1- 6 値段について知る
  • 4- 1- 7 支払いをする
  • 4- 1- 8 レシートを理解する
  • 4- 1- 9 環境を考えて買い物する
  • 4- 2 食事をする
  • 4- 2- 1 どんな店があるか知る
  • 4- 2- 2 予約する
  • 4- 2- 3 注文する
  • 4- 2- 4 支払いをする
  • 4- 2- 5 クーポンやポイントカードを利用する
  • 4- 2- 6 日本食の特徴を知る
  • 4- 2- 7 食事のマナーについて知る
  • 4- 3 乗り物に乗る・歩く 
  • 4- 3- 1 飛行機、新幹線、船、高速バス、船・フェリーを利用する
  • 4- 3- 2 電車、地下鉄、バス、タクシーを利用する
  • 4- 3- 3 車を運転する
  • 4- 3- 4 自転車に乗る
  • 4- 3- 5 歩く
  • 4- 4 銀行を利用する
  • 4- 4- 1 口座を開く
  • 4- 4- 2 ATMを利用する
  • 4- 4- 3 送金する
  • 4- 5 手紙や荷物などを送る
  • 4- 5- 1 郵便局について知る
  • 4- 5- 2 年賀状を書いて送る
  • 4- 5- 3 宅配便を利用する
5 働く
  • 5- 1 日本の働く現場での慣習を知る
  • 5- 1- 1 時間を守る
  • 5- 1- 2 出社する・退社する
  • 5- 1- 3 遅刻、早退、欠勤の連絡をする
  • 5- 1- 4 朝礼に出る
  • 5- 1- 5 みだしなみを整える
  • 5- 1- 6 公私を区別する
  • 5- 1- 7 社内の行事やイベントに参加する
  • 5- 1- 8 職場の環境を守る
  • 5- 1- 9 職場の情報を守る
  • 5- 1- 10 報告・連絡・相談する
  • 5- 1- 11 段取りをつける
  • 5- 1- 12 職場の役職名・立場について知る
  • 5- 1- 13 雇用形態の変化について知る
  • 5- 1- 14 働く現場の問題について知る
  • 5- 2 職場の人とコミュニケーションする
  • 5- 2- 1 自己紹介をする
  • 5- 2- 2 あいさつをする
  • 5- 2- 3 返事をする
  • 5- 2- 4 話しかける
  • 5- 2- 5 指示を受ける
  • 5- 2- 6 場面や関係に応じて話す①敬語を使う
  • 5- 2- 7 場面や関係に応じて話す②尊敬語を使う
  • 5- 2- 8 場面や関係に応じて話す③謙譲語を使う
  • 5- 2- 9 クッション言葉を使う
  • 5- 2- 10 ミスに対処する
  • 5- 2- 11 トラブルに対処する
  • 5- 2- 12 お礼を言う
  • 5- 2- 13 謝る
  • 5- 2- 14 電話に出る
  • 5- 2- 15 メールをする
  • 5- 2- 16 食事会、飲み会に参加する
  • 5- 3 働く条件・法律を知る
  • 5- 3- 1 労働条件を確認する
  • 5- 3- 2 給与明細書を見る
  • 5- 3- 3 保険・年金について知る
  • 5- 3- 4 労働に関する法律について知る