2018年度の介護報酬改定で、介護老人保健施設(老健)の新たな施設類型となった「超強化型」へ移行した施設の半数超が、前年度よりも増収だったことが、福祉医療機構の調査結果で分かった。

引用 https://www.cbnews.jp/news/entry/20181106182738