newsfeed 一覧

日本介護医療院協会、新会長に鈴木龍太氏-「数年で5万から10万床になる可能性」

 日本慢性期医療協会は9日の理事会で、会内組織の日本介護医療院協会の新たな会長に鈴木龍太・鶴巻温泉病院長が就任することを承認した。前会長の江澤和彦・倉敷スイートホスピタル理事長が副会長に退くことも了承。就...
続きを読む

若年性認知症、有償の社会参加活動はOK?-厚労省が介護サービス事業所メニューで見解

 厚生労働省は、認知症対応型通所介護などの介護サービス事業所が、若年性認知症の利用者に対して社会参加型のメニューを実施する場合の取り扱いに関する見解をまとめ、都道府県などに事務連絡した。有償ボランティアに...
続きを読む

認知症介護に関わった中高年に意識変化も-日医総研が調査結果公表

 日本医師会総合政策研究機構(日医総研)は、認知症などに関する調査結果を公表した。「認知症介護経験」と「かかりつけ医の存在」に焦点を当てたもので、「認知症介護経験によって、認知症をはじめとする高齢者の健康...
続きを読む

「介護・フレイル予防」有識者会議で具体化へ-社保審・介護保険部会が厚労省案了承

 厚生労働省は26日、保健事業のフレイル(虚弱)予防と介護保険の介護予防を一体的に実施する「介護・フレイル予防」の枠組みを具体化するため、全国市長会や日本医師会の幹部らによる有識者会議の設置を社会保障審...
続きを読む

身体拘束廃止未実施減算、施設サービス以外も適用に-厚労省、介護報酬改定Q&AのVol.5

 厚生労働省は、事務連絡「2018年度介護報酬改定に関するQ&A(#65289;」を4日付で各都道府県などに出した。「身体拘束廃止未実施減算」や「夜勤職員配置加算」の介護ロボットに関するQ&A(
続きを読む

認知症初期集中支援チームとの連携など把握へ-厚労省、地域包括支援センターの評価指標策定

 厚生労働省は、地域包括支援センターの業務に関する評価指標を策定した。認知症を含めた介護関連事業などの負担が増している状況を踏まえた措置で、認知症初期集中支援チームとの連携などの業務を適切に把握し、人員の...
続きを読む

介護従事者処遇状況等調査の実施案を了承-離職防止や定着の効果検証をの声も

 社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長=田中滋・埼玉県立大理事長)が4日に開かれ、2018年度の介護従事者処遇状況等調査の実施案がおおむね了承された。委員からは、介護職員処遇改善加算が介護職の離職防...
続きを読む