厚生労働省は21日、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年度末には約245万人の介護人材が必要で、約34万人不足する恐れがあることを明らかにした。
続きを読む