Archives for 7月, 2017

併設型の介護事業所の“傾向”を事務連絡-厚労省の介護保険指導室

 厚生労働省の介護保険指導室は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や有料老人ホームなどに併設された介護サービス事業所(併設事業所)について、実地指導の際に注意すべき“傾向”を明...
続きを読む

介福士の受験手数料、約2000円値上げへ -今年度から

 政府は、介護福祉士国家試験の受験手数料を約2000円値上げする政令を閣議決定した。値上げは今年度の介護福祉士国家試験から実施される予定だ。また、社会福祉士国家試験の受験手数料は現行制度から倍程度まで跳ね...
続きを読む

被災者、保険証なしでも介護サービス利用可-九州豪雨を受け、厚労省が事務連絡

 福岡県や大分県での豪雨に伴い、多くの住民が避難を強いられていることを受け、厚生労働省は、被災者が介護保険サービスを利用する際、「被保険者証」を提示しなくても、サービスを利用できるとする事務連絡を各都道府...
続きを読む

2018年度介護報酬改定の要望書を提出-日看協

 日本看護協会(日看協)は10 日、来年4月の介護報酬改定に関する要望書を厚生労働省に提出した。重度者などに対応する訪問看護を病院が行った場合の評価の拡充や、看取りケアに取り組むために夜間勤務の看護師を...
続きを読む

九州豪雨の被災地に介護利用の特例措置

 今月5日からの豪雨で、大きな被害が出ている福岡県内や大分県内の自治体に災害救助法が適用されたことを受け厚生労働省は、介護保険サービスにおける入所定員や人員配置、利用者負担などについて特例措置を講じること...
続きを読む

五十路に始まる在宅介護「思ったより早く」-大王製紙が在宅介護者にアンケート

 在宅での介護が始まるのは、およそ五十路を迎えるころ。多くの場合、介護者が思い描いていたより若いうちに始まる―。そんな調査結果を大手製紙メーカーの大王製紙が発表した。【ただ正芳】 大王製紙では今年
続きを読む