Archives for 6月, 2017

65歳以上の在宅の要介護者、半分が老老介護-厚労省調査

 在宅生活を送る65歳以上の要介護者らのうち、半分以上は65歳以上の人から介護を受ける、「老老介護」の状態にある―。そんな実態が27日、厚生労働省が発表した2016年の国民生活基礎調査によって明らかになっ...
続きを読む

介護の技能実習、来日後に240時間の日本語学習

 厚生労働省は、「外国人技能実習制度」によって介護の実習生を受け入れる際の基準案を公表した。来日後、実習生に最大で240時間の日本語学習や40時間余りの介護導入講習を課すことが盛り込まれている。厚労省で...
続きを読む

介護給付費、9兆円台に-要介護・要支援認定者は620万人、15年度

 利用者負担分を除いた2015年度の介護給付費は、前年度よりも約1971億円多い約9兆976億円に達したことが厚生労働省の「介護保険事業状況報告(年報)」で分かった。要介護・要支援認定を受けた人は約
続きを読む

「全国介護付きホーム協会」に名称を変更-特定協

 特定施設入居者生活介護(特定施設)の事業者らで組織する全国特定施設事業者協議会(特定協)は、「全国介護付きホーム協会」に名称を変更した。分かりやすく親しみやすい名称にすることで、特定施設の果たす役割と存...
続きを読む

認知症の行方不明、過去最多の1.5万人に-1年で3千人余増、警察庁調査

 警察庁は15日、昨年に届け出があった行方不明者のうち、認知症の人は過去最多の#19975;人余りいたと発表した。認知症の行方不明者が1万人を超えるのは4年連続で、一昨年と比べて3200人余り増加した。
続きを読む

実は欧米より短い? 日本人の潜在介護期間-ニッセイ基礎研究所の主任研究員が国際比較

 欧米主要国に比べると、日本は介護が必要となる可能性が高い期間(潜在介護期間)が短い上、居宅でのケアワーカーも充実している-。そんな少し意外な分析結果をニッセイ基礎研究所の篠原拓也主任研究員が発表した。
続きを読む
12