Archives for 11月, 2016

介護現場の外国人材、技能実習制度で受入へ-関連法案が成立

 外国人が日本国内で働きながら技術を学ぶ「技能実習制度」の運営に関する法案が18日、参議院本会議で可決・成立した。これを受け、政府は法律の施行に合せて同制度の対象職種に介護を加えるための準備を開始...
続きを読む

特養の平均収支、過去最悪の「赤字」に-全国老施協が速報値

 全国老人福祉施設協議会(全国老施協)は15日、昨年度の特別養護老人ホーム(特養)の収支状況の速報値を発表した。同日、金沢市で開催された全国老人福祉施設大会石川大会で明らかにした。それによると、全...
続きを読む

要介護リスク高いフレイル、認知率1割未満-ファイザー調査

 筋力などが低下し、介護が必要な状態になるリスクが高い「フレイル」について知っている人は1割にも満たないことが、ファイザーの調査結果で分かった。また、親と子どもの間で、介護やその予防策についてのコ...
続きを読む

「介護離職ゼロ」、正しい理解は半数未満-オリックス・リビング調査

 昨年、政府が掲げた「介護離職ゼロ」について、その意味を正しく理解している人は、働いている人の半数に達しないとする結果が、オリックス・リビングが7日までに行った意識調査で示された。また、街で認知症...
続きを読む

介護食市場、調理・加工食品は約6千億円-15年度、民間会社調査

 日常生活の支援や介護が必要な高齢者らに提供する「介護食」の2015年度の国内市場規模は、調理品と加工食品を合わせると約6000億円となり、ここ数年は拡大傾向にあるとの調査結果を、市場調査会社の矢...
続きを読む

保険給付抑制と負担増は介護離職ゼロに逆行-認知症の人と家族の会が訴え

 「認知症の人と家族の会」は、国が、要介護度の軽い人に対する保険給付抑制や利用者負担の引き上げなどを検討するのは、国自身が掲げる「介護離職ゼロ」などの政策に逆行し、介護保険制度の後退につながること...
続きを読む

鳥取中部地震を受け、介護利用の特例措置

 最大で震度6弱を観測した地震により、大きな被害が出ている鳥取県中部の一部の自治体に災害救助法が適用されたことを受け厚生労働省は、被災地での介護保険サービスにおける入所定員や人員配置、利用者負担な...
続きを読む