Archives for 7月, 2016

介護用の制服の需要拡大を予測-矢野経済研究所

 矢野経済研究所(東京都中野区)は、介護施設やサービス付き高齢者向け住宅の増加に伴い、介護用の制服の需要が拡大するとの予測を発表した。同研究所の調査によると、昨年度の国内の制服の市場規模(メーカー...
続きを読む

通所リハとデイ、違いの不明確さが課題-鈴木・老人保健課長、全国デイ・ケア大会で

 厚生労働省老健局の鈴木健彦・老人保健課長は22日、全国デイ・ケア研究大会2016in千葉で講演した。鈴木課長は通所リハビリテーションと通所介護の機能の違いの分かりにくさが課題とする認識を改めて示...
続きを読む

次の介護報酬改定「よくてプラマイゼロ」-淑徳大・結城教授が講演

 淑徳大の結城康博教授は27日、高齢者住宅フェア2016in東京で講演した。結城教授は診療報酬との同時改定が見込まれる2018年度の介護報酬改定について、財源確保の難しさから考えて「よくてプラスマ...
続きを読む

特養、民間の建物などでも開設可能に-都市部での整備促進へ、厚労省が要件を通知

 厚生労働省は、特別養護老人ホーム(特養)を開設する際、民間の建物などの貸与を受けることが可能とする通知を、都道府県知事や政令指定都市の市長らにあてて発出した。通知では、民間の建物などの貸与を受け...
続きを読む

認知症、不安感と対策意識にギャップ-クロス・マーケティング調査

 認知症の親らと一緒に暮らす人の7割超が、将来の自分自身の認知症について不安を感じているものの、実際に何らかの予防策に取り組んでいるのは3割にも満たないとする調査結果を、インターネットリサーチなど...
続きを読む

認知症疑いの運転者、検査・診断を義務化-来年3月施行、検査対象の具体的違反も決定

 政府は、75歳以上の運転者が認知症の疑いがあると判断された場合、医師の診断を義務化する改正道路交通法の施行日を来年3月12日とすることを閣議決定した。また、認知症の有無を判定する臨時の検査を受け...
続きを読む